平成29年9月台風18号通過直後の大分市内の様子(下郡地区)

9月17日、大型で強い台風18号が九州南部地方に上陸し、午後15時頃に大分に接近しました。
大分県内でも各地で洪水被害が多発し、大分市内でも多地点で浸水被害が発生しました。
現状では被害の全体像を捉えてはいませんが、明日18日に緊急の調査を実施する予定です。

県内の状況については以下大分県「災害警戒本部」のサイトをご覧ください。
大分県「平成29年台風第18号に関する災害情報について」
http://www.pref.oita.jp/site/bosaiportal/290916saigai.html

大分市内においても下郡にて冠水による被害が発生しております。
現在では水路からの排水作業が進んでおり、状況は回復していると考えられますが、発生当時に状況を以下、公開します。