①平成29年9月台風18号の被害状況について(緊急調査)【その1.大分市(下戸次)】

①平成29年9月台風18号の被害状況について(緊急調査)【その1.大分市(下戸次)】

平成29年9月18日(月)に実施した調査結果については,3つのページに分割しています.

①大分市(下戸次)調査地点番号 ①,②

②津久見市内   調査地点番号 ③

③佐伯市     調査地点番号 ④,⑤


 大分大学減災・復興デザイン教育研究センターでは,平成29年9月17日(日)に接近した台風18号の被害状況について緊急の現地調査を実施しました.
調査は大分市内戸次(備後・利光),津久見市内地,佐伯市本庄波寄・弥生大の5箇所(臼杵市については車中からの確認)を中心に,流域の被災状況と痕跡調査(洪水水位の痕跡)を実施しました.なお,報告による推定洪水位水位(T.P.)については,地理院地図(https://maps.gsi.go.jp)から取得した地点標高に痕跡高さ(m)を加えて,推定しています.
 ※写真及び動画について二次利用される際には,出典を(大分大学減災・復興デザイン教育研究センター)明記してください.


①大分市下戸次備後
一級河川でもある大野川の下流部に位置しており,河川から越水によって右岸周辺部分の農地(米やネギ等)で冠水した形跡が見られた.堆積した土砂の層厚は薄く,その多くの粒度はシルトから砂質状であり,流木等の形跡は見られなかった.

 

②大分市下戸次利光
下戸次備後から約5km上流右岸では工事中の護岸を超えて,越水した濁流が辺り周辺部の低地が浸水した様子であった.痕跡から19.5m(T.P.)程度の洪水水位があったと推定される.付近のガソリンスダンドでは土砂が堆積するなどしてタンク内の調査が行われていた.加えて,仮設プレハブが洪水時の浮力によって移動するなどの被害が見られた.