④平成29年9月台風18号の被害状況について【9/19:津久見市】

本日(9月19日火曜日)午後から津久見市内において,2回目の現地調査を実施しました。本日は,津久見高校以南の道路沿線と東九州自動車道の陸橋下まで(車上からの確認と徒歩),また青江地区については車上から道路沿線の状況把握を行いました。
河川や通路周辺において土砂の流入,また橋梁周辺での越水が確認できました。

徒歩と車上からの撮影映像はYouTubeにアップしております。

 

【津久見市中田町→中ノ内付近(往路は車上から,復路は徒歩にて状況を確認)】

※以下UAVによる写真は,制限区域外において撮影したものです。

UAVによる撮影(1)津久見湾(北方向,写真上部)を望む

 

UAVによる撮影(2) 土砂の流出と流木が見られるが,砂防ダムが効果的に機能していることが確認できる。

 

UAVによる撮影(3)写真中央上部に土砂の流出が確認できる。

 

UAVによる撮影(4) 東九州自動車道西ノ内トンネルと尺間山トンネルの間の北側斜面で崩落が確認できる。写真右手(西側)が西ノ内トンネル。左手(東側)が尺間山トンネル。

 

<以下徒歩による撮影>

写真1 中田橋周辺(左手側が津久見川)

写真2 中ノ内地区(東側斜面,右手方向が津久見川)

 

写真3 中ノ内地区(津久見川)

 

写真4 中ノ内地区(津久見川)

 

写真5 中ノ内地区(津久見川)

 

【津久見市青江(県道204号沿いの一部)※車上から確認】