防災シンポジウム「大分の防災を考える in 大分 -地域における防災・減災力の向上を目指して-」を開催します

平成29年度 防災シンポジウム
大分の防災を考える in 大分 -地域における防災・減災力の向上を目指して-

 

11月12日(日)13:30よりホルトホール大分において,本学主催の防災シンポジウムを開催します。
平成23年度から開催するシンポジウムも今回が7回目となります。
今回は大分市在住の防災士や地域防災のリーダーを対象としていますが,一般の方もご参加頂けます。

これまでのシンポジウムやパネルディスカッションとは違った展開・演出を考えておりますので,どうぞお楽しみに!

概要:http://www.oita-u.ac.jp/000040491.pdf


期日:11月12日(日) 13:30〜16:40頃まで
会場:ホルトホール大分 3F大会議室

◆特別講演(50 分)
演題 「災害発生…その時報道の現場は」

講師
OBS 大分放送
記者/古城秀明 様
アナウンサー/平川侑季 様

◆ディスカッション(80 分)
テーマ 「災害時における地域の役割を考える 〜情報・避難・教育・復興の視点から〜 」

パネリスト
立命館アジア太平洋大学 教授  本田明子 氏
大分大学高等教育開発センター 教授  岡田正彦 氏
大分市女性防災士会 事務局長 上山 容江 氏
大分市防災危機管理課 主査 佐藤 真人 氏
別府市共創戦略室防災危機管理課 課長補佐  田辺 裕 氏

コーディネーター
大分大学理工学部 准教授  小林祐司
(大分大学減災・復興デザイン教育研究センター【CERD】代表)

 

●関係団体等
主催:国立大学法人大分大学
共催:大分高等教育協議会(地域連携研究コンソーシアム)・大分市
後援:大分県・大分合同新聞

●シンポジウム運営
大分大学 研究・社会連携部研究・社会連携課
大分大学 産学官連携推進機構 産学官連携部門 鶴成 悦久 准教授
大分大学 減災・復興デザイン教育研究センター【CERD】
大分大学 小林祐司都市計画研究室所属の学生諸氏